未分類

令和もウィルキンソンとともに

平成が終わって、令和になった。

新時代の始まり。

時代が変わっても、日常は変わらない。

今日もぼくはウィルキンソンを飲む。

通常の水分補給は、基本的にウィルキンソンになっている今日この頃。

なんだろう、炭酸のシュワっとする感じと、苦味がある感じがどことなくビールに通じるからか飲んでしまう。

でもよく考えると、ナニコレなウィルキンソン。

炭酸って、水と二酸化炭素でできていて、そのほかのものが一切入ってないのがウィルキンソンの良さであり、ウリ。

しかし僕らは、呼吸する際に二酸化炭素を吐き出していて、それをわざわざ水に混ぜてるやつをお金出して飲んでるのがぼくで。

何やってんだかですよ。

でも確かにうまいウィルキンソン。

食事にも合います。

最近、お酒なしの食事ができなくなってきている僕にとって、まさに救世主。

それにちょっとカッコイイ感じもしますよね。

「分かってる感」出るし最高ですよね。

新時代もウィルキンソンとともに行こうと思います。

こちらからは以上です。