未分類

副音声放送局反省編|ラジオとブログで飯を食う#5

はじめに…『副音声放送局』とは、neochiradioの企画のうちのひとつで、“好きな映画を見ながら副音声の真似事をして喋る”という企画です。

そう、それは楽をして2時間という、長い尺を稼げる割りのいい方法…

だと思っていたのに現実は甘くなかった!

その放送、初回収録に観ることになった映画は『アベンジャーズ』、誰もが好きな映画。

アベンジャーズにはマーベルのヒーローが数多く登場するので、コメントもしやすいと踏んでいた。

しかし、実際やってみると一番目立ったコメントといえば…

「ブラック・ウィドウの後ろ姿は最高だ」「見ちゃうよね」

「ブラック・ウィドウは、この中の男の誰と付き合うかとか考えるよね」

「あ、またお前お尻見てたやろ」

「このラインが出るスーツ最高」

「スカーレットヨハンソン=ブラック・ウィドウって思ってしまってるから、LUXのサラサラヘアーは違和感やんな」

スカーレット・ヨハンソン祭り状態!!

しかもそのほかのコメントといえば、

「やっぱりハルクは強いな」

「この俳優さん誰やっけ?」

「なんでハルクになったんやっけ?」

アイアンマンこの時はマーク7なんやな…」

弱い弱い!!

しかも途中岩本(パーソナリティ)寝てる!!

そんなに退屈じゃないシーンで!!

これはね、完全に知識不足が招いた事故。

いかに自分たちの記憶が曖昧か、特に僕の記憶の曖昧さには驚きです。

ですから、次回以降は事前準備をして臨まないとと思うわけです。

と、いうことで次は、『アベンジャーズ エイジオブウルトロン』でリベンジしたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

p.s.とはいえスカーレット・ヨハンソンの後ろ姿は見るて!