エッセイ

先が思いやられる|ラジオとブログで飯を食う #1

疲れたと思ったのは、深夜1時52分、このブログを書き始めた時間。

今日の1日の始まりは朝8時に家を出てカフェに行ったところに始まる。

それが今まで起きて活動していたのだから我ながらよく頑張ったと思う。

普段は眼鏡屋で働いているのだが、今日は休み。

岩本(NSCの同期)とラジオの収録をしていた。

『neochiradio』の収録。

neochiradioは、かれこれ三年くらい前に相方と解散して、やることがなくなり時間だけが過ぎていこうとする中で、“何かしないといけない!”という思いから始まったラジオ番組である。

休止期間を経て、パワーアップさせてやりたいと思い始めたのが今日だったのだが…

まーーーー、うまくいかない!!

もともと機械的なことの知識も全然ないし、不運なことに周りの人もそんな感じだったので、ネットと本しか頼るところがなく今に至っているので当然だ。

とはいえ、こんなにうまくいかないものなのか。

『副音声放送局』、、、

そして、悩みを書こうと思ったのもつかの間、眠くなってきた。

ブログの記事示一つでさえも書き上げれないとは、先が思いやられる。

寝ます。

おやすみなさいzzz