未分類

王道中の王道のサングラス RAYBAN WAYFARERは誰でも似合うのか

はい。こんばんはneochiradioの宇井です。

今回は王道中の王道、サングラス中のサングラスとされるRAYBANのWAYFARERは誰でも似合うのかということについて考えてみたいと思います。

えー、結論から言いますと、誰でも似合うってわけではありません。(あーでも、どうでしょうかね、合わせようと思ったら合わせられるとは思います。理由は後ほど)

もちろんファッションは最終的には個人の好みです。割り切って聞いていただければと思います。

-ちなみに誰でも似合いやすいサングラスもあります。気になる方はこちらから。

WAYFARERを見てみよう。

さて、なにはともあれモノを見てみましょう。

はい、こちらですね。

こちらがサングラスの定番中の定番、大定番とされるRAYBAN WAYFARER です。

かっこいいですよね。

ブリッジからテンプルにかけて、すなわち眉間から眉尻にかけてグッと男らしくラインが上がっている感じ。全体的に線が太いのも特徴ですね。

別の角度からどうぞ。

こっちの方が凛々しく上がってるラインがわかりやすいかもしれませんね。

また耳にかかるテンプル部分も特徴的。書道でいうところのトメのように一旦太くなり、そのあとはスッとはらって耳の後ろにしまわれていきます。

このグッと太くなる感じが、やはり男らしいですね。

WAYFARERはギラついてる男を演出するサングラス

レンズ自体も大きく、目元を覆い隠し、眉尻にかけてグッと上がるライン、全体として太い線で描かれ、横顔を印象付けるテンプルもやはり太い。

太いすなわち男らしい。グッと眉尻にかけて上がるラインはギラついてる感じ。

ということで、WAYFARERはどんなサングラスかというと、ギラついてる男感があるサングラスと言えます。

なのでWAYFARERはギラついてる男が似合うサングラスと言えるでしょう。そういう人がかけると雰囲気を後押ししてくれることになり、より『らしさ』が出てかっこいいと思います。

WAYFARERが似合うように雰囲気に全体を合わせるべし

WAYFARERはかなり印象の濃いサングラスですので、雰囲気をサングラスそのものに合わしていくようにしてあげると全体がまとまります。

WAYFARERが似合わない

僕が思うWAYFARERの似合う人はこれまでの解説通りです。

ただ、ギラついてる男の人じゃなくても、サングラスをかけることによってギラついてる男を演出することはできます。

ただしその場合は、もともとの雰囲気を変えることになるので、サングラスをかけてはい完成ってことにはなりません。服装、場合によっては髪型も含めて変える必要があります。そのチューニングを済ませることを前提にすれば誰でも似合うということは言えると思います。(まぁ、それ言い出すと全部のモノに言えちゃうんですけど。)

自分にはない雰囲気を出すこと、それがサングラスの魅力だとも思うので、頑張ってくださいっ。

-最近ではゼニガメでもサングラスで雰囲気を変えてますからね。詳しくは『ゼニガメに教わる似合うサングラスの見つけ方』へ。

WAYFARERが似合わないと思ってる人が似合うようなWAYFARER

もはや何を言ってるのかわからないような見出しで乱してすみません。

でも割と本気です。

上に記述してきた通り、WAYFARERはギラついた男という雰囲気を持ったサングラスではあります。

その雰囲気を出している要素の一角として、全部黒いということが挙げられるかと思います。

そこを崩してあげると、雰囲気がやや柔らかくなります。

こちらのカラーのことです。

この写真だと黒に見えてしまいますよね、でもこれ濃いネイビーです。

次の写真いきます。

また別の角度で…ドンっ

どんっ。

はい。

このWAYFARERは二層になってます。(二層になってるっていう言い方があってるのかは知りません悪しからず)

前述の通り、表はネイビー、裏はデミ色(デミグラスソース的な色)です。

この濃いネイビーは一見すると黒に見えますが、黒よりも肌馴染みが良く柔らかく馴染んでくれます。

そして、裏面のデミ色は横から見たときにちらっと見えて少し雰囲気を軽くしてくれます。

レンズもよく見るとグラデーションしてますし、何よりこのカラーリングめちゃカッコいいです。

という具合に、同じ型でもカラーリングが違うと雰囲気は変わります。

是非色々な角度からWAYFARERにチャレンジしてみてください。

きっと似合うことができます。(あ、あと今回触れてないですが、サイズ感は超重要ですのでご注意を)