なんば

焼とん屋 やまゆう|大阪なんば おすすめ居酒屋

焼とん やまゆう ちょい飲みセット

焼とん屋 やまゆうを目指して、難波を南下して大国町方面へ

今宵も大阪は難波の地をてくてくと闊歩して、美味しいお酒が飲めるお店を目指す。

‘ちょい飲み手帖’なるものをナビにして新たな店を開拓していく。

‘ちょい飲み手帖’とは、せんべろ族 垂涎(すいぜん)の“千円で美味しいお酒が飲めるようなクーポン集”の様なものである。

その‘ちょい飲み手帖’を片手に夜の空気を分けて歩いてゆく。

夜のなんば

難波の中心から少し離れて南、大国町側へ。

とあるコンビニの裏あたりにそのお店は在りました。

焼とん やまゆう

赤い提灯、黄色い屋根、緑のマット、水色のゴミ箱、少し可愛らしくみえる色遣いがかわいい『焼とん屋 やまゆう』に到着。

暖簾をくぐりドアを開けると、ザ・居酒屋的な空間、備長炭を使って焼かれるという焼きとんの香りが鼻孔をくすぐり、胃袋をノックします。

頭から腹へと身体の主導権が移る。

ちょい飲み手帳ホルダーの特権、それがちょい飲みセットを注文

席に着くやいなやドッグイヤーしていた‘ちょい飲み手帖’を恥ずかしげもなく露わにして、ちょい飲みセットを注文。

ドリンクは日本酒で。

‘ちょい飲みセット’

次々と到着する‘ちょい飲みセット’。

豚な肴 三種盛りは鹿肉のマリネ、塩茹で豚、ボイルタン。

串三種(写真は二種二本になってます)、タン、ハラミ、シロ

そして、日本酒は飛良泉。

あしたのジョー、他昭和アニメのパンフレットを加工したメニューが可愛い

ちなみに二人で行って、‘ちょい飲み手帳’が二冊あると、二つ‘ちょい飲みセット’を頼めます。

もう一つのセットは、豚な肴三種の代わりにメニューから一品選んでも良いとのことでメニューを手に取る。

焼とん やまゆう メニュー あしたのジョー
アニメのパンフレットをメニューにしている。

か、可愛い。

なんというナイスなアイディア、このパターンは初めてですわ。

アニメのパンフレットを加工してメニューにするとは…それも献立って銘打ってるのが良い、癒されポイント。

他の席のメニューも昭和のアニメのものでした。

こういう茶目っ気あるお店、愛着湧くなぁ、などと思いながらメニューを開き、豚肉の油淋鶏を注文。

鹿肉のマリネ、塩茹で豚、ボイルタン。豚な肴三種盛りがどれも美味しい

豚な肴三種盛り
豚な肴三種盛り

塩茹で豚はピリ辛ダレ、ボイルタンはネギ塩レモン、カブマリネはチチカブ醤油ポン酢でいただきます。

どれも美味しく、それぞれ違うものを付けて食べるので、食間にお酒をついついぐびぐびいってしまいます。しかも日本酒によく合う!

豚の串、それが焼とん、備長炭で焼いているそうな

焼とん
焼とん

焼とんももちろん美味しゅうございます。

素材それぞれの味がしっかりいきていて、食感もそれぞれ違って最高です。

お酒はさらに進みます。

素晴らしくビールと合う、豚肉の油淋鶏

豚肉の油淋鶏
豚肉の油淋鶏

追撃の一品、豚の油淋鶏到着。

ここぞとばかりに揚げ物の最高のパートナーとして名高いビールを注文。

言わずもがな、最高です。

豚の油淋鶏、中の豚がジューシーで脂の旨味が口の中に広がります。

そこに流し込むは生ビール、天国の完成です。

また来たくなったのでまた行った。

うますぎて、即 後日再来店しました。

実は最初に行ったとき、そんなにお腹空いていなかったことと、思ったよりボリュームがあったことにより、すぐ満足してしまったのでした。

じゃりン子チエのメニュー

じゃりんこチエのメニュー
じゃりん子チエのメニュー

この時はじゃりン子チエのメニューでした。

しかもこれには、‘おしながき’と書いてる、こういうところ可愛い。

あっさりしたければ茹で鶏とアボガド

茹で鶏とアボガド
茹で鶏とアボガド

茹で鶏とアボガド、あっさりしたい方にオススメ。

締めに鶏飯(奄美風茶漬け)

鶏飯(奄美風茶漬け)
鶏飯(奄美風茶漬け)

今回はたどり着けた‘締め’には鶏飯(奄美風茶漬け)を注文。

美味い、だしのあたたかさが染みる。

また近々行きたいお店です。

ごちそうさまでした。